カバーとは?

私達が投資取り引きを行なう場合には、私達が直接市場へ注文を入れるわけではありませんよね。

私達はFX業者などの取引業者に対して売買の取り引きを行ない、業者が市場へ売買取引を行ってくれます。

この、「私達が取引した内容と同じ内容の取り引きを業者が市場に対して行なう取引」がカバーと呼ばれる取引になります。

私達が投資会社へ取引注文を入れ、その結果として利益を出した場合、投資家にとっては利益になりますが、利益を支払う側の投資会社にとっては損失になってしまいます。

手数料などを差し引いても、それでは投資会社側にとっては割に合いませんよね。

そこで、業者がカバー取り引きを行ない、私達が業者へ入れた注文と同じ注文を取引市場へ入れるわけです。

それなら、私達投資家に対して利益を支払う分は取引市場から業者は回収する事ができますから、リスクもグンと少なくする事ができますよね。

私達が投資を行なっている投資会社がどこに対してカバー取り引きを行なっているかは業者によって異なります。

例えばFX取り引きを行なう場合を考えてみると、FX業者は銀行や証券会社など、外国為替市場にアクセスできる金融機関に対してカバー取り引きを行ないます。

大手銀行が直接運営しているFX商品などは他の金融機関へカバー取り引きをする必要がないため、直接外国為替市場へ取り引きを行なっているようです。

しかし、FXのみを取り扱っている業者にとっては、銀行などの金融機関を介入させなければいけません。

そこでカバー取引が行われるというわけです。