医療現場はずっと看護師不足?

全国の病院等の現場では、長い間ずっと看護師不足の状態がそのままになっています。
そのため、就転職に関してナースは完璧に売り手市場だということができます。
看護師資格を保有していれば、自分の希望条件や適正に見合う最適な職場を割と簡単に選択することができます。
日本での看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。
ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均して593万円ほどになります。
公務員看護師は給料のアップ率も民間病院よりも高く、福利厚生も充実しているのです。
準看護師の場合だと、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。
私の友達にも、看護師をしている人がいて、高い給料をもらえていると羨ましがられています。
ただ、看護師の仕事というのは、夜勤の業務もすることがありますし、仕事のシフト中心の生活になりがちで、職場の環境も、女性が占めているという特殊なところであるため、ストレスや悩みは日常茶飯事といわれています。
以上のことを考えれば高いといわれる給料も当然でしょう。
知りあいが病院に入院していたのでおみまいに行ってみたら、看護師さんが大忙しで複数の患者さんの対応に追われている姿を何度も見かけました。
患者さんの中には体の自由がきかないために、ナースコールを何回もする人も多いのです。
看護師さんという仕事は、お見舞い客が短時間だけみても、いつも重労働ですね。
産業看護師とは、企業に勤務する看護師をいいます。
看護師といったら病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室などを設置している企業もあって、そこで働いている人もいます。
仕事の中身、役割といったことは勤務する会社によって色々ですが、従業員の健康を守り、管理することは基本的な仕事と考えてください。