住宅ローンの諸費用はどれくらいかかる?

住宅ローンを組んだときにかかる諸費用というものは、どれくらいの費用が必要になるのでしょうか。
住宅ローンだけをみていると、それ以外に案外かかるものですので、きちんと一緒に考えなければならないものだと思われますので、気を付けておいたほうがいいのではないでしょうか。
諸費用は、だいたい物件価格の3〜10%といわれているようです。
これは新築の場合であり、中古の場合は6〜10%くらいのようですので、中古の物件のほうが新築よりは手数料が多めにかかるようですので、把握しておいたほうがいいでしょう。
もちろん住宅ローンにより違いが少しずつありますので、購入する不動産会社や金融機関にきちんと確認しておいたほうがいいでしょうので気を付けておきましょう。
住宅ローン借り換えと繰り上げ返済を活用すれば返済が楽に!