東京から大阪まで夜行バスを利用するメリットは?

東京大阪間で夜行バスを使う最大のメリットといえば、何といっても価格が一番の理由ではないでしょうか。
新幹線の4分の1から、5分の1程度の料金で乗車することができます。
その分、移動時間にとても時間がかかります。
大体8時間から10時間程度。
しかし、この時間を睡眠時間として考えておけば、夜の出発で朝の6時から8時ぐらいに着くので、いつもの生活リズムを崩すことなく睡眠をとることができるでしょう。
夜行バスは隣のシートに座っている人が気になるという印象があるかもしれませんが、それは新幹線でも同じことが言えます。
むしろ夜行バスのほうが3列シートや2列シートなどもあるので、隣との間隔が広く、快適な状況になるケースもあります。