光回線の契約者が多いところはそれなりの理由があるのでしょう

知名度の高くないワイモバイルの場合、解約時に発生する解約金を安めにしたり、契約の期間を短めにしたりしてお試し期間を利用するようにすれば、契約の回数が増えていくと考えられます。
安さに魅了されても、1年以上の契約の期間があると、契約になかなか踏み出せないものです。
フレッツの通信速度が遅い原因と聞いて、はじめに頭にうかぶのは、ちょっとした時間だけネットワークが混んでいたり、つなぎたいサイトへのアクセスが多かったりといえます。
その理由で、一時的に遅いというだけでしたらある程度時間をおけばよくなる場合もあります。
引っ越す場合や速さを問題などでインターネットの回線を変更する場合や新規で回線を申し込む際は、キャンペーンの最中に申し込むと得するでしょう。
よく耳にするフレッツもキャンペーンを沢山やっていますので、しょっちゅうチェックして確かめておくといいでしょう。
プロバイダにつながらない場合に見てみることがあります。
パソコンや設定を調べても、何も問題がない場合には、Idやパスワードに入力ミスが無いかどうか、見直してみます。
数字のゼロとアルファベットのオーのように見た目が似ている文字があるからです。
それでもどうしてもダメだったら、プロバイダに問い合わせてみてください。

光インターネットのプロバイダの選び方は?【キャンペーン&価格比較】