非常時のボランティア活動とは?

いくらボランティアと言いましても、人と関わる仕事になります。
ですから、ある程度のマナーが必要と言えます。
地震などで被災した場合は、避難所生活をしている人がたくさん出てきますよね。
(汗) 防災ボランティアは、地震などの災害時に行われるボランティア活動になります。
これは福祉や文化などのボランティアとは活動内容がちょっと違います。
こうした防災ボランティアのマナーについて挙げていますので、参考にしてみてください。
<周囲には話しておくことが大切>しかし、長期間に渡るボランティア活動をする場合は、勝手に言ってしまっては、あなたの周囲の人達がビックリしますよ。
例えば、職場の人や、親しい友人、親などです。
周囲にボランティア活動に行く旨を話してから行くようにしてくださいね。
<一人で背負い込まないこと>ボランティア活動をしていると周りに迷惑をかけたくないと言う気持ちになることがあります。
(汗)<自己管理をしっかり行いましょう>被災地でボランティア活動をしているとつい無理をしてしまう人がいますよね。
(汗)体調を崩したら被災地に迷惑をかけてしまうことになりますよ。
ですから、自己管理はしっかりと行う必要があります。
対策としては、睡眠時間をしっかり取ってください。
そして身体を休めるなどの、自己管理をしっかり行うようにしてくださいね。
非常時に備えて 〜心構え〜